芸術の秋、 おすすめスポット!

芸術の秋ですね~。

現在 松江市の島根県立美術館では 「河井寬次郎展」の真っ最中!

横山大観のコレクションで有名な 足立美術館でも

秋季特別展として 開館40周年を記念し、

当館が誇る約130点の大観コレクションの中から選りすぐった名品を一挙公開で

こんな機会は 10年に1度だそうですので

ぜひぜひ この機会に!

そして 

境港市でも

先日、楽吉左衛門さん の 恒例の お茶会がありました。

千利休の時代の

千家十職のなかの楽焼は 長い間受け継がれていき

現在 15代目でいらっしゃる吉左衛門さん。

その 当代の楽吉左衛門さんの奥様は

境港市から京都の楽家へと嫁いでいらっしゃるので

そのご縁で

毎年 奥様の境港市のご実家のお茶室で お茶会があるのです。

茶道の三千家のうちの 表千家 裏千家 と並び

武者小路千家(官休庵)のお家元の奥様も 

島根県から嫁いでいらっしゃるので

お二人とも、わが郷土の誇りですよね~。

話は戻り、

そのお茶会では

吉左衛門さんが 直々お点前をご披露されるとあって

この山陰どころか 

全国から茶道家の方がおいでになられるのです。

お道具もきっと 素晴しいことでしょう。。。

しかし。。。

抽選によって 120数名くらいの方しか

お茶会に出席できないので、

  なかなか。。。 

今年こそは・・・・・と 

申し込みするはずだったのが

山ガールだのなんだの言っている間に 先週終わっておりました。。。

残念~!!!

      来年こそは。。。。

京都市内の 楽美術館には何度か出かけたことはあっても

滋賀の佐川美術館内にある

吉左衛門さん設計創案・監修による 話題の お茶室には行ったことがなくて

昨年 信楽焼きの 安見さんのところへお邪魔した折りに

立ち寄ってきました。。。

13247.jpg
佐川美術館は 故平山郁夫先生の作品が 300点あまり収蔵され

そのうちの60点が テーマ別に 常設されています。

とっても見応えありますので

京都までお出掛けの際には

もうちょっと足をのばして

ぜひ お出掛けになってみてはいかがでしょう~。

100_1873.jpg
(左は 美術館で 水庭の延長線上に 小さく見えるのが お茶室)

敷地内のこのモダンなお茶室。

茶道にご興味がない方でも 感動される癒しの空間です。。。

このお茶室から水庭に続く景観は

車のCMにも登場したほど。。。

バリ島の古材を使った待合いだったり

アフリカ、ジンバブエから取り寄せられた 大きな石だとか、

吉左衛門さんの こだわりと遊びの部分が入り混じり

ゴロ~ンとお茶室で 寝っ転がって お昼寝したいほど

水面とお茶室の高さの計算された景観が

それはそれは素晴しいものでした。。。。

daily116.jpg
(東屋風の建物が お茶室)

水庭に埋没された 地下展示室には 吉左衛門さんのお茶碗が

オシャレに並び とっても素敵!

1つ 600万円? それとも700万円?

お出掛けの際には お茶室の見学は

あらかじめ ご予約を入れておいて行かれた方がオススメ。。。

(入場料の他 見学料は1000円)

美術館内にあるカフェでは

京都の 「イノダコーヒ」の ブレンドコーヒーが出てきます。

京都のついでに・・・とはいえ 

滋賀県守山市。

鑑賞の時間も含め 半日以上は 時間を費やしますので

できれば

じっくりと腰をすえて

この美術館を目的とした旅で お出掛けになった方がベスト!

では 芸術の秋、

   心ゆくまで 堪能してくださませ~。

お~っと その前に

  お出掛けコーディネイトは ポートベローでねっ!!












ポートベロー 松江店
OPEN 11:00 CLOSE 20:00 
松江市天神町136  TEL 0852-27-5720

ポートベロー 米子店
OPEN 11:00 CLOSE 19:00 
米子市立町4-105-11  TEL 0859-31-2573

e-mail: dejavu@titan.ocn.ne.jp
web HP: http://www.portbelow.com/