イスタンブ-ル

50_1.jpg
5ヶ月ぶりのイスタンブール。

キリムの買い付けでトルコへもう何回来ただろう?

多分40回以上は着てるはず。

30回位までは数えてたけど・・通い始めて16年になるので、よく判らない。

大体はパリやロンドン、時にはモロッコやエーゲ海の島に少しだけの休日を過ごしに行ったりするけど、

今回はイスタンブールだけ。

しかも、5日間のショートスティ。

年末に一人スタッフがやめたので、人手不足なのだ。

それに、長くいるときれいなキリムを見ると

つい欲しくなる危険な持病を持っているので、あえて最短のコースにした。

私は、この町が大好き。

おしゃれなパリもいいけれど、ここに来るとホッとする。

絶対に前世でトルコに住んでたことがあるはず・・・と、

勝手に根拠のない自信を持っている。

ホテルの窓から見るブルーモスクやアヤソフィヤ。

特に夕暮れ時のその眺めは、アジアでもなくヨーロッパでもない、まるでおとぎの国。

トルコに行く人には、夕暮れに帰ってくるボスフォラスクルーズをお勧めしたい

(ツァーで行く人は無理だろうけど)     

海側からみるライトアップされたモスクは最高!

とは言っても私は仕事なので何年もその景色を見てないのですが・・・    

なにしろ朝から晩までキリム屋の天井近くまで積み上げられたキリムを見るので精一杯。

しかも、昔なら30枚に一枚は素敵なキリムが見つかってたのに、

今は100枚に一枚くらいしかドキッとするのは

出てこない。  ・・・もっとかな?

それだけオールドキリムが無くなってしまったという事。

ドキッとするようなキリムは、とんでもなく高い。

でも、もう次は出会えないかもも・・・と思うと使命感にかられ買ってしまう。

ホントにとんでもない病気(私はこれをキリム病と命名)

確かに数はまだまだある。天井までキリムを積み上げてる

キリム屋はたくさんあるし、安いキリムはたくさんある。

でも、はっきり言ってゴミのような欲しくもない物がほとんど。  

古ければ良い訳ではないけど、いいと思うと大抵70~

80年以上前に作られたキリム。

100年以上前のアンティークキリムは、なかなかトルコ国内でも出てこなくなった。

5~6年もすればもっと見つけにくくなるし、値段も高騰するのは間違いない。

言い訳するつもりじゃないけど、そんなこんなで

今回は玄関マットサイズの小さなキリムと、クッションカバーやオットマンなどの小物だけの買い付け・・・

と硬く決意しながらも、

キリム病の私はまたもや大きなキリムや高いキリムを買ってしまったのでした。

50_4.jpg












ポートベロー 松江店
OPEN 11:00 CLOSE 20:00 
松江市天神町136  TEL 0852-27-5720

ポートベロー 米子店
OPEN 11:00 CLOSE 19:00 
米子市立町4-105-11  TEL 0859-31-2573

e-mail: dejavu@titan.ocn.ne.jp
web HP: http://www.portbelow.com/