パリの蚤の市

今年2度目のパリ。

今回もイスタンブールにキリムを買付けに行くついでに

エールフランスを利用してパリ経由。

私のパリの楽しみはやっぱり蚤の市。

 パリに立ち寄る時は必ず土日をいれて蚤の市にスケジュールを合わせている。

到着翌日の今日は土曜日。

早起きしてヴァンヴーの蚤の市に直行。

小規模でガラクタが多いけど、時々お気に入りが見つかる。

今回一番のお目当てだったアンティークの布やボタンのコレクターが出してるお店で

1900年当時の布とボタンを少々購入。  

古本屋でディスプレー用に、相当味の出た古本3冊。

あとは、カフェオレカップと昔どこかの洋服屋さんが、使ってたであろう木のハンガー1本。

4本買ったら安くしてくれると言ってくれたけど、他に気に入ったのがなかったのでとりあえず1本。

カフェオレカップは日本人の女の人が売っていた。絵の勉強でパリに住んでてアルバイトらしい。

ボスは1ヶ月バカンスに行ってるとか・・

2月に来た時、入り口の方で出展してたかわいい雑貨の店も、

皆なにお土産にしたキーホルダーを買った店も、アンティークレースを買ったお店も出てなかった。

皆ヴァカンスに行ってるのかな~。 残念。

7年くらい前ここに来た時、アンティークのアクセサリーを山ほど持っている女性と知り合った。

『もっと欲しかったら家にくればたくさんあるよ』と言うので、

彼女の住所と電話番号の書いたカードをもらい、次の日訪ねていったことがある。

そこでもたくさん買って帰り、お店でアンティークアクセサリー展をした。

それから1~2度訪ねては彼女から仕入れてたのに、うかつにもいつのまにか彼女のカードを無くしてしまった。

アパルトマンの場所はなんとなく覚えてはいるものの、

彼女のファミリーネームもルームナンバーも覚えていないし、

もし探して行ってもいるかどうかもわからない。

それから何度かヴァンヴーに来る度偶然の再会を期待するけど、残念今回も会えなかった。

そして、次はクーニャンクール。

手芸好きの友達にアンティークレース買ってきて~と

頼まれていたので、まずはその手のお店に直行。

お店のマダム(オバちゃん)が、奥から山盛りレースが入った袋を出してくれ、

時間をかけて物色。

けっこうたくさん買った。

あとは自分用に、アールヌーボー時代のカフェオレカップ

をまた一個。  ミルクを運ぶのに使ってたどこかの村の

名前が焼印してあるふたつきの缶とピッチャー。

30年近く前、初めてパリに来た時、あの頃はもっともっと欲しい物がたくさんあった気がする。

ランプにお皿に・・あげくの果てには小ぶりだけど乳母車まで買って

必死になって重い荷物を持って帰った頃が懐かしい。

  












ポートベロー 松江店
OPEN 11:00 CLOSE 20:00 
松江市天神町136  TEL 0852-27-5720

ポートベロー 米子店
OPEN 11:00 CLOSE 19:00 
米子市立町4-105-11  TEL 0859-31-2573

e-mail: dejavu@titan.ocn.ne.jp
web HP: http://www.portbelow.com/